>   アーティスト   >   さ行   >   さだまさし

さだまさし

さだまさし『プレミアム・ベスト』

さだまさし
長崎県出身のシンガーソングライター。
1952年4月10日長崎市生まれ。
國學院大學法学部中退。

1972年、フォークデュオ「グレープ」を結成。「精霊流し」、「無縁坂」等をヒットさせる。

1975年、クラフトに「僕にまかせてください」、「さよならコンサート」を提供。

1976年、「グレープ」解散。ソロ活動開始。

1976年11月、「線香花火」をリリース。

1977年3月、「雨やどり」をリリース。

1977年7月、「吸殻の風景」をリリース。

1977年10月、「秋桜(コスモス)」を山口百恵へ提供。

1977年11月、「案山子」をリリース。

1978年2月、「桃花源」をリリース。

1979年1月、「天までとどけ / 惜春」をリリース。

1979年7月、「関白宣言」をリリース。

1979年10月、「親父の一番長い日」をリリース。

1980年2月、「道化師のソネット」をリリース。

1980年7月、「防人の詩」をリリース。

1981年2月、「驛舎(えき)」をリリース。

1982年9月、「長崎小夜曲 / 北の国から~遥かなる大地より~」をリリース。

1987年11月、「風に立つライオン」をリリース。

1994年8月、「関白失脚」をリリース。

2000年4月、「21世紀の君たちへ」をリリース。

2006年4月、「がんばらんば」をリリース。

2009年4月、「私は犬になりたい¥490-シングルヴァージョン-」をリリース。

2015年7月、「夢見る人」をリリース。